お風呂上がりのボディケアのポイント!

お風呂上がりの肌は水分を吸収してしっとりしています。
自分の肌の状態に合った正しいボディケアで、このみずみずしさをキープすることが大切になる。
一年を通しで保湿することが、肌を健康に保つ秘訣です。

 

 

お風呂から上がったらすぐに全身の保温を忘れずに。
お風呂上がりの肌はしっとりとうるおっています。
これは、角質層が水分をたっぷり吸収しているからです。
健康な肌で、十分な湿度の元であれば、スキンケアは不要。
肌本来の力で、自然と肌の調子が整います。
でも、バリア機能が低下した肌では、せっかく吸収した水分も、時間とともにどんどん蒸発してしまう。
吸収した余分な水分と一緒に角質細胞内の水分まで蒸発させ、お風呂に入る前よりも肌を乾燥させてしまうことになる。
肌のしっとリ感を保つには、お風呂から上がり、汗が引いてまだ肌がしっとりしているうちに保湿ケアをすることが大切なポイント。
ボディの保湿剤には、クリーム・乳液・ローションなどさまざまなタイプのものがあります。
冬はクリーム、夏はローソヨンなどと季節によって使い分けるほか、乾燥しやすいかかとやひざはクリーム、胸や背中はローション、というように肌の状態に合わせて選ぶのもよい方法でしょう。

 

乾燥しやすい部分は油分の多い保温剤でケアすること。
かかとやひざ、ひじなどは、ほかの部分にくらべて角質が厚く、乾燥が進んでいることがほとんどです。
腕、脚なども皮脂腺が少なく、カサつきやすいところ。乾燥が進むと、白く粉を吹いたようになることもあります。
また、爪や爪先も、忘れずにケアしたい部分です。
乾燥しやすい部分は、油分の多いクリームなどでしっかリケアを。
カサカサのかかとが気になる場合は、保湿剤をつけたあと、すぐに靴下をはきましょう。
靴下が水分の蒸発を防ぎ、角質層をしっとりやわらかくします。

 

 

ニキビ専用ジェルのメルラインはこちら