肌をきれいにするバスタイム

肌のうるおいを逃がさない入浴のコツがあるのです。
からだを温め、肌をきれいにするバスタイム。
でも−歩間違えると、お肌にダメージを与えることになりかねません。
お湯の温度や洗い方にも気を配り、肌をいたわる入浴を心がけましょう。

 

肌のうるおいを保つ入浴法
毎日、何気なくしていたことが、実は肌をいじめていた、なんて人も多いのでは?
お風呂での過ごし方を見直すだけで、乾いた肌がうるおいをとりもどせるかも知れません。

 

 

@お湯の温度は適度に
熱いお湯は、皮脂膜を過剰に奪う原因に。
40度以下の少しぬるめかなと感じるぐらいが、肌にとっての適温です。

 

A入浴剤はしっとリタイプがベスト
香リによるリラックス効果もあるので、入浴剤の使用はオススメ。
ただし肌が乾燥しがちなときは、イオウ成分が入ったものは避けてください。
保湿効果の高い入浴剤を使うのもおすすめ。

 

B湯舟につかるのは10分以内に
湯舟につかる時間が長いほど、肌のうるおいも逃げていきます。
長湯は避け、10分以内を目安に。

 

Cからだはやさしく泡で洗う
石けんなどはよく泡立て、手のひらや柔らかいタオルでそっとなでるように洗います。

 

Dすすぎは十分に
からだを洗ったあとのすすぎはていねいに。
石けんなどの成分が肌に残っていると、肌トラブルの原因になります。

 

E石けんなどは肌にやさしいものを
肌が乾燥しているときは、自分の肌に合う刺激の弱い石けんを使ってください。

 

熱すぎるお湯や長湯は肌に負担をかけることになってしまう。
お風呂に入って身体が温まると、血行がよくなり、新陳代謝も活発になります。
毛穴が開いて肌の汚れが落ちやすくなり、リラックスして精神的な満足感が得られるなどのメリットも受けられる。
でも肌の健康のことを考えた場合、注意したいポイントがあるのです。
間違った入浴法は肌のうるおいを奪い、乾燥の原因になってしまいます。

 

湯舟につかるときの注意点
湯舟のお湯の温度は、40度以下を目安。
熱すぎるお湯は必要以上に皮脂を奪い、肌を乾燥させる原因になる。
乾燥肌によるかゆみなどがあるときは、熱いお湯に刺激されてかゆみがひどくなることもあるでしょう。
また、湯舟につかっていると、肌の表面から皮脂が流れ出すので、長湯をすると、それだけ多くの皮脂を失うことになる。
ですので、極端な長湯は避けましょう。
入浴剤はできれば保湿作用のあるものを選びましょう。
ぬかやオートミールを布袋に入れたものを使ってもよいかもしれません。
湯の華や温泉の素などイオウの成分が含まれているものは要注意。
イオウには角質をはがす作用があり、乾燥の原因になることがあります。

 

 

からだを洗うときの注意点
からだを洗うときは、かたいブラシを使ったり、力を入れてコシゴシこすったりしないこと。
うるおいを守る角質層をこわし、肌荒れの原因になる。
肌の汚れを落とすには、石けんをよく泡立てて、やわらかいタオルや手のひらでや言しくこすリ洗いをすれば十分。
石けんやボディソープは、肌のうるおいを保ちつつ、汚れは吉れいに落とすものを使いましょう。
肌の乾燥が気になる場合は、弱酸性の刺激の弱い石けんや、保湿効果の高いグリセリンソープなどを使うとよい。

 

 

大人ニキビに立ち向かうメルラインはこちら